一年生の総括

久しぶりの更新になってしまいました。
おはようございます。

下書きが三つほど溜まっていたのでこれはまずいなという思い。
更新しなくてはいけないけど納得がいかず完成できなかった文章。
ひとつにまとめます。本当にすみません。

2018年総括のブログを上げようと思って書き進めていましたが、
気づいたら年があけ早くも2週間も経ってしまいました。


私の2018年は大変色濃い一年間でした。


まずは大学に合格し、かねてから学びたかった映像について
勉強できる環境へ飛び込むことができました。

高校時代、卒業企画を打ち出して動画を撮影・編集してから
その思いは強くなっていたので、入学したらとろうと思っていた授業を
履修することができ、良いスタートを切れたと思います。

前期は友人ができるか不安でしたが、
周りにも恵まれ楽しい大学生活をおくることができました。
高校は女子だらけの少人数な学校だったのでドキドキだったんですよね、実は。

プロジェクト演習では、一年課題の生放送をはじめ
オープンキャンパス、アドバン音楽祭などといったプロジェクトや
Y-topia(前Y MODE)にも参加しました。

当日メンバーかは別として、
前期に募集されていたプロジェクトにはほぼ全て参加しました。
高校までの学びとは全く別の実践的な学びなので
とにかくやらないと身につかないな、と思ったからです。

覚えることやこなさなくてはいけないことが多く大変でしたが、
先輩方に1からすべて教えていただきました。
まさか大学に入って先輩とこんなにも密接に関わることになるとは考えていなかったので、
尊敬できる先輩に何人も出会うことができたのが去年の一番の収穫といっても過言ではないです。


もちろん、通常の授業でも学ぶことはたくさんありました。

今まで独学で高校の学校説明会や他校の定期演奏会のポスター、
ライブのフライヤーなどを依頼され作っていましたが、
視覚情報デザイン入門ではその基本をすべてさらうことができ
改めて勉強になりました。
商品や広告・作品を、ものをつくる立場に立ってみるという機会が増えました。



夏も越え、後期はインテブロに費やす時間がさらに多くなりました。

ライブ練習は週に二回となりカメラを触る回数が増えたり、
お試し動画の編集のため編集に費やす時間も増えたりしました。

特にお試し動画の編集では、編集スキルが身についたと実感します。
カメラも編集も、実際に何かを作ろうと思って触らないと成長しないし
これがしたいけど、どうしたらよいのだろうと思って調べることって大事!
あと情報を適切に、初見の人もわかるように伝えることを意識するのって難しい。

そう感じた編集期間でした。


個人的な活動として、友人のバンドのライブMVをつくったこともよい経験になりました。
ライブの撮影も編集も初めてで大変苦労しましたが、
自分の好きな曲を形に残せることは、とても幸せなことだなと思いました。
それが結局そのバンドの最後の映像になってしまったのですが、
ファンの方からも良かったという旨のメッセージが届いたことが印象的です。


後期は終わってしまいますが、これからが本番!
体調を崩さないように気を付けつつ、Y-topiaの活動に取り組んでいきたいです。


今年の目標は愛を持って生きること、です。
来期は二年生。後輩も一年前の私たちのような不安を抱えながら入学してきます。
自分の何も知らなかった頃を忘れずに、やさしく接していきたいし
更に忙しくなる先輩方の力になるために
自分もスキルアップしていかなくてはいけないなと思います。
私生活でもとにかくやさしさを忘れないように生活したい、頑張ります。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下書きに書いてあったことを凝縮して一つにまとめたら
大変長い文章になってしまいました。読んでくださった方はありがとうございます。

まずは、テスト期間も近いので勉強しないと。
皆さんがんばりましょうね。
それでは、また。

コメント

このブログの人気の投稿

布団の中から

編集大会を終えて