布団の中から


こんにちは。

ここ数日風邪をひいてしまい寝込んでいます。
実家暮らしなので特に困ったことはないですが、
人との交流が一番好きなので、外に出れないことが何よりもつらい・・・!
最近は昼夜の寒暖差が大きいので、みなさんも身体にはお気を付けください。

さて、最近はY MODE関連の編集でPremiereを使用しています。
休んでいた間は編集ができなかったのですが、何もしないというのも我慢ができず・・・

先日高校の同級生と行った撮影会のオフショットを自分のPCで編集してみました。
とはいえスマホでなんでもできてしまう時代なので、特にAdobeソフトを使う練習になった!というわけでもないのですが、それを素材に「こういう機能があるんだな」とか「こういうエフェクトがあるんだ」くらいの勉強にはなりました。
こういうことは普段の編集時には時間がなくてできないので、良い機会でした。

ーーーーーー

撮影会では、(ハロウィーンを口実に)自分たちの好きな世界観を作ってしまおう!ということで、音大生・美大生・服飾学生と一緒に空間デザインを行って、さらに自分たちも衣装に着替え、主に写真の撮影をしました。
こういうことにかける気合はさすが芸術系の人間だと思うし、ほんとに「女の子」だと思います。

今年は遊びじゃなく本気で、かなり予算もかけ小道具をそろえたので、ちゃんと映像撮影してもよかったな・・・と今更ながら思ったりしておりますが、オフショットもなかなかいい味が出ているのでよろしければご視聴ください!



撮影はiPhoneの8ミリカメラというアプリを使っています。
テキストも同アプリで加工しました。
Premiereでは音楽を付けて動画のカットと光漏れっぽい効果を足したりしてみました。
ほんとにPremiereの性能はまだ十分に活かしきれてないですね。
あと現在アプリで編集したことや他にやりたいこともAfter Effectsなら出来そうなのでまた挑戦しよう!と思っています。

タイトルなり、テキストなりが若干のストーリー性があるのは
今回の創作テーマに沿ったムービーにしたかったからです。
オフショットなので人物多めですがデコレーションも見せたい!
ブラウン管を手配したり、各所へ買い出しに行くなど手間はかけたのでかなりお気に入りです。

私はアイドルとか永遠の小女性というようなものに弱いので、この、みんなが言わずとも自分の憧れに近づこうとしている可愛さの追求姿勢・・・などに大変グっと来てしまうのですが、今度はそういったものの良さを皆さんに感じてもらえるような作品を作りたいと思います。(笑)

「インスタ映え」スポットに行くなら作ってしまおう!というような精神と創作意欲が本当に好きなので、気の合う友人は大切にするべきですね。というブログでした。

それではまた。

コメント

  1. 創作テーマや自分の作品への嗜好があるのはクリエイターとして圧倒的な強みだと思います。モチベーションにもなりますし、自分の作家性が一貫していると他の人にも覚えてもらいやすくなります。その心意気を大切にしてください。

    このブログを見て縷縷夢兎の東佳苗さんを連想しました。可愛さの追及姿勢が好きなら、既に東さんあたりはご存知かもしれませんね。空間演出やアートディレクター、MV監督もしていらっしゃるデザイナーさんです。
    https://twitter.com/usagi_kanae
    自分は東さんがアートディレクターを勤めた大森靖子のきゅるきゅるが好きです。圧倒的な世界観がトラックに詰まってる様が良いです。是非
    https://www.youtube.com/watch?v=1qlEeVS2vMU
    自分は東さんの「淡々とした作業は「技」であって「感情」ではない」という言葉が好きでメモしています。どこで言ってたかは忘れました、
    技術を見せるよりも、どうやって感情を映えさせるのか、を第一にしているみたいですね。
    自分には感性が無いので羨ましいです笑 感性を持ってることは武器だと思います!
    自分の感性を撮る、ということを意識して頑張ってください!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。返信遅れてしまい申し訳ございません。

      東佳苗さんも大森靖子さんも存じております!個展やライブにも行ってます。少女性について、そのお二方からの影響はかなり大きいと思います。
      自分の作品を観て私がリスペクトしている方々の名前を連想していただけたのは嬉しいです。ありがとうございます。励みにして頑張ります。

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

一年生の総括

編集大会を終えて